伝統的なレシピ

米国のスライドショーで最もおかしな酔っぱらい逮捕10人

米国のスライドショーで最もおかしな酔っぱらい逮捕10人

|

誰かが向きを変えない場合 この男の話 テレビ向けの映画に、私たちは愛と幸福を完全に信じることをやめます。この酔っ払ったカウボーイは、彼のパグと会社のための酒の水差しだけで馬に乗って600マイルを走るという彼の探求の途中で止められました。

男は動物虐待の罪で告発されたが、これは決して面白くはないが、これらの告発は誤りだった可能性があり、結婚式に出席するために酔っぱらって全国を駆け抜けようとしていたようだ。

「私は私に良い馬を手に入れました」と紳士は言ったと報告されています。 「行く必要のあるところならどこへでも行けます。」

本当の言葉、友達。

酔っぱらい、パグ、そして彼らの馬

|

誰かが向きを変えない場合 この男の話 テレビ向けの映画に、私たちは愛と幸福を完全に信じることをやめます。 「行く必要のあるところならどこへでも行けます。」

本当の言葉、友達。

酒に酔った男が「ケーキボス」からケーキを盗んだとされる

親愛なる読者の皆さん、しばらく一時停止して、この男をあまりにも早く判断することは控えてください。想像してみてください。あなたは通常、かなり法を遵守する市民ですが、ほろ酔いで、世界は輝いていて、目の前を泳いでいるように見えます。さて、あなたはほろ酔い以上です、あなたは少し酔っています。あなたは少し酔っていて、ケーキ、たくさんのケーキ、すべてのケーキ、ケーキのフィールド、そしてそれだけでなく、無料です!無料のケーキ。すべての無料ケーキ。 10,000個の無料のケーキ、正確には、それらはすべてケーキボス自身によって作られています。あなたはケーキボスが大好きです。ただ盗むのですか これらの無料のケーキのいくつかに自分自身を助けます ピッツバーグの他の地域と並んでケーキを待つのではなく、保管場所から?これは違法ですか、それとも単に賢いですか?結局のところ、ケーキは無料です。あなたはただケーキラインを回避しているだけです。ここでの酔っぱらいの論理はドラムのようにタイトです。

ええ、それは技術的には違法でした。それでも、しかし。私たちはあなたを感じます、ケーキ泥棒。そこに、しかしニューヨークの無料のケーキの不足のために私達は行きます。

パットマカフィードランク-ポーキーで夜に泳ぐ

真実は、酔っぱらいの自転車のように、酔っぱらいは信じられないほど危険です、誰もそれをするべきではありません、私たちはこれまでに酔っぱらいをする人に対してしっかりと公式に反対しています、しかしあなたがそれをしたならあなたはそれがどれほど完全に、信じられないほど楽しいか知っていますは。インディアナポリスコルツの元パンターであるパトリックマカフィーは、それがいかに楽しいか、そして問題があるかを確かに知っています。ある運河で一晩酔って泳いだ後、警察に話しかけ、違法に泳いだからではなく、雨が降っただけで濡れていると警察に説明した(残念ながら警察はその概念に精通していた)。雨が降っていて、実際には雨が降っていなかったと推測することができました)。その夜、マカフィーにどれだけ飲まなければならないかと尋ねると、マカフィーは「酔っ払っているのでたくさん」と答えました。それから彼はチャリンという音で少し強制的な寝返りをしました。遅い拍手、サー、あなたのための遅い拍手。

酔っぱらいが警察に身分証明書の代わりにタコスを提供

|

ああ、フロリダ。エリザベスビショップはこれが「最も美しい名前の州」と言われているかもしれませんが、今では「アメリカの警察のブロッターとして機能する州」と広く見なされています。誰かがありそうにない、ばかげてばかげたことをした場合、そのイベントがフロリダで行われた可能性が高いことは誰もが知っています。 男は仕事に行くのを避けるために強盗を上演しますか? それはフロリダの話でなければなりません。男は眠りに落ち、タコベルのドライブスルーでのピックアップに酔いしれましたが、何人かの警官によって眠りから目覚めただけで、彼らが求めた身分証明書ではなく、代わりに彼は彼に提供しました 冷たいタコス? フロリダの話、間違いない。フロリダ、決して変わらない。決して変更しないでください。

Facebookで飲酒検知器の通過について自慢する女性。不注意に身をかがめる

|

ああ、酔った馬鹿の聖母:飲酒の神々があなたに非常に陽気に微笑んで、あなたが暴飲をやめ、次にあなたの予定された飲酒検査に合格することを可能にするとき(正確に推奨される行動方針は最初からではありません)、あなたは誘惑しませんそれらによって Facebookでニュースを共有する、あなたの仮釈放官がそれを簡単に読むことができるところ。いや:あなたは夜に穏やかに行き、あなたはあなたの祈りを言い、そしてあなたはあなたの愚かな自己を非常に幸運だと数えます。しかし、リトルミスフェイスブックブラッグスは、彼女の仮釈放の条件に違反し、ソーシャルメディアを介してそれについて世界に伝えることによって、この不快感を直接自分自身にもたらしました。

酔っぱらいが死んだポッサムを復活させようとして逮捕された

|

この酔ったばかについては、信じられないほど甘く、本物で、深く人間的なものがあります。騒々しい霞の中で、一人の失われた揺れる紳士が立ち上がって死にました。彼は死亡率の限界、その恐ろしい不可避性を受け入れることを拒否しました。そして、彼はどのようにこれをしましたか?彼は素晴らしい映画を次のスタイルで監督しましたか 第七の封印?彼はカラヴァッジョの「キリストの埋葬」と会話しながら作品を描きましたか?いいえ、彼はしようとしました 道端で死んだポッサムを蘇生させる。彼が生き物の小さなネズミの顔を繰り返し叩きながら、「私を置いていかないで! あえて私から離れないでください!」これがおかしいのか、それとも非常に悲劇的なのか、私たちはもはや確信が持てません。

酔っぱらいは警官に彼がちょうどそれを追い払っていたと言います

|

警官がうまく対応することが1つあるとすれば、それは飲酒運転の説明です。彼らがよく反応する別のことがあるとすれば、それは酔っぱらいを運転することは完全に自然で素晴らしい考えであるという考えです。この天才は、彼を引っ張った警官に、彼の妻が彼の飲み過ぎに腹を立てていることを伝えることによって、2つを組み合わせることに決めました。 「それを追い払ってください。」 歩いていくと、聞いたことがあります。それを追い払う?それほど多くはありません。創造性のための5つのポイント、サー、しかしあなたの無知で人々の命を実際に危険にさらすためのマイナス20。

男は通りを芝刈り機に乗っている間ウイスキーを飲む

|

このビデオは素晴らしいです。設定?日光が降り注ぐ静かな田舎道で、両側は高くて優雅な木々に囲まれています。芝刈り機の安定したハムがシーン全体で轟音を立てます。私たちのアンチヒーローは スティーブ、芝刈り機にまたがって。

「引っ張って、スティーブ。芝刈り機を止めてください。」

スティーブは芝刈り機を停止し、最終的にはそれをオフにすることに準拠します。

「スティーブ!ええ、私があなたに何回言わせたのですか、あなたは芝刈り機で道を運転したり、飲んだりすることはできませんか?」

彼の弁護において、スティーブ だった 牡蠣の小屋に行くだけです、男。

911を使用して警官を殴ったとして逮捕された女性

|

警官のふりをするストリッパーを注文できます (ホット警官!)、しかし、警官を注文して、彼がストリッパーのように振る舞うことを拒否したことに腹を立てることはできません。リモートで推奨されている以上に飲んだ後、この割り当てられた女性は911を乱用したために逮捕されました:彼女は初めてドアに現れた警官が好きだったので、想像できる最も大胆な言葉で彼を殴った後(そして断られました) )、 彼女 911を繰り返しダイヤルしました 彼の、エム、サービスを何度も繰り返すことを期待して。あなたの個人的な出会い系サービスとして911システムを乱用することは厳密には合法ではなく、彼女の緊急サービスラインの誤用は彼女のその後の逮捕につながります。

警察犬に吠えるために逮捕された男

|

警察犬も警官です。あなたは本当に彼らを罵倒することになっていない、そしてあなたがそうするなら、あなたは本当に彼らの母国語でそうするべきではない。飲みに行っていると、動物とのコミュニケーションができると思うかもしれませんが、おそらくそうではありません。 K-9に堪能 あなたが考えるように。その上、たとえあなたが彼らと話すことができたとしても、あなたはあなたの足をあなたの口に入れなければなりません—それはほぼ間違いなく、この紳士が一連の吠え声とうなり声で彼の毛皮のような敵対者と通信しようとしたために逮捕された理由です。


ドラマに満ちたコメディアンの結婚

フィルムコミックのスタン・ローレルとロシアの歌手ヴェラ・イワノワ・シュヴァロワとの短い結婚は、もう一つの素晴らしい混乱でした。

1年余りの間、彼らは飲んだり、戦ったり、逮捕されたり、少なくともシュヴァロワによれば、ローレルはサンフェルナンドバレーの家の裏庭に生き埋めになるように彼女を招待しました。

ローレルは「ExAppeal」というタイトルの映画を作ったことはありませんでしたが、もし彼が持っていれば、キャストには元妻のロイスN.ローレル(1926年から1933年)と元妻のバージニアルースローレルが含まれていました。 1935年の米国。

法的な和解の一環として結婚したことがないことに同意した彼の寄席のパートナーであるメイには、少しの部分さえあるかもしれません。

タイムズのページから取られた最初のシーンは、1937年の大晦日であった可能性があります。

2番目の妻バージニアとの離婚でインクがほとんど乾かず、43歳のローレルは5週間前にオーディションで会ったシュバロワと28歳のアリゾナ州ユマに駆け落ちした。バージニアは翌日到着し、彼女が本物のスタン・ローレル夫人だったので地方自治体が結婚式をやめるように主張した。

ローレルが当局に最終判決を示した後、式典は先に進み、2週間も経たないうちにバージニアをストーカー行為から守るために訴えた。結婚は解き放たれ、離婚は支持され、2月にすべてが解決されたことを確認するために、ローレルとシュバロワは2回目の結婚式のためにユマに戻った。

別のどんでん返しでは、ローレルはシュヴァロワとのハネムーンクルーズを計画し、彼の最初の元妻であるロイスを彼らに招待しました。当時、彼女は10歳の娘を支援するために、運転手、知事、料理人、美容室への旅行など、現代的な月額2万ドル近くで彼を訴えていました。

彼らがクルーズから戻った後、「妻No. 1がローレルを訪れ、彼らの古い結婚生活について彼と親密な話し合いをすることは珍しいことではありませんでした」とタイムズは言いました。

その間に、シュヴァロワは、すでに2回結婚していたにもかかわらず、伝統的なロシア正教会の儀式を望んでいたため、3回目の結婚式の計画を開始しました。

1938年4月12日、3回目の結婚式の直前に、シュヴァロワは免許なしで運転中に数台の駐車中の車に衝突したとしてビバリーヒルズの役員に逮捕されました。長い法廷闘争の後、彼女は懲役5日を宣告されました。

それから、飲酒運転の容疑でローレルが法廷に出廷しました。彼は、飲みすぎではなく、シュバロワに腹を立てたと非難しました。

「彼女はすごい気性を持っている」と彼は法廷に語った。

ローレルは、逮捕された夜、彼とシュヴァロワは喧嘩をし、電話の受話器で彼を殴ろうとし、ジャガイモでいっぱいのフライパンで彼を脅し、彼の目に砂を投げたと言った。闘争の中で、彼は腕を窓に通したとローレルは言った。

陪審員が行き詰まった後、事件は12月に取り下げられた。シュヴァロワは後に、ローレルが飲酒運転で有罪判決を受けた場合に映画の契約を失うため、戦いについての話を作ったと非難した。

国内ドラマの第2幕で、シュヴァロワは結婚1周年の数日前に離婚を訴え、ローレルは飲み過ぎたと述べました。説明なしで一度に数日」とタイムズは言った。

夫婦は新年に向けて和解し、シュヴァロワは1939年に無謀運転の罪で刑務所に入れられた日から始まりました。その後まもなく、彼女は「ロシアの状況について大声で話し合っている間」、ナイトクラブで酔っぱらって無秩序だったとして逮捕されたとタイムズ紙は語った。

彼女は離婚手続きを更新し、ローレルが彼女を生かして埋めたかったと非難した。シュヴァロワは、1938年9月28日の夜、ローレルはカノガパークのストラザーンストリートにある自宅の裏庭に墓を掘り、外に出るように誘ったと語った。彼女は「近くの牧場に彼女を向かわせた」友人や隣人によって救われた、とタイムズは言った。

最終的に取り下げられた飲酒運転の事件では、彼女はローレルが銃を手に入れ、ビクトリーブールバード近くのレセダブールバードの反対側で時速60マイルを運転したとして警察が彼を逮捕したときに彼女の後に来ていたと言いました。

ローレルは最後のシーンのために切り札を残しました。彼らの離婚協定の一部として、シュヴァロワは彼らの関係について何も公表しないことを約束し、彼に「彼らの嵐の結婚生活」を脚色する唯一の権利を与えた、とタイムズは言った。

エピローグ:1941年、ローレルは1946年1月に離婚を申請したバージニアローレルと再婚しました。1946年5月6日、ローレルはタイムズ紙で国際的に有名な協奏曲の巨匠「ラファエルラファエルラファエル」と呼ばれる男の未亡人であるアイダラファエルと結婚しました。

1942年、ニューヨークのタイムズスクエアにあるラジオセンターホテルで火災が発生した後、シュバロワは救助されました。消防士が彼女を救ったとき、彼女は屋根に逃げて、ジャンプしようとしていました、とタイムズは言いました。彼女についてのこれ以上のニュースレポートは見つかりません。


ドラマに満ちたコメディアンの結婚

フィルムコミックのスタン・ローレルとロシアの歌手ヴェラ・イワノワ・シュヴァロワとの短い結婚は、もう一つの素晴らしい混乱でした。

1年余りの間、彼らは飲んだり、戦ったり、逮捕されたり、少なくともシュヴァロワによれば、ローレルはサンフェルナンドバレーの家の裏庭に生き埋めになるように彼女を招待しました。

ローレルは「ExAppeal」というタイトルの映画を作ったことはありませんでしたが、もし彼が持っていれば、キャストには元妻のロイスN.ローレル(1926年から1933年)と元妻のバージニアルースローレルが含まれていました。 1935年の米国。

法的な和解の一環として結婚したことがないことに同意した彼の寄席のパートナーであるメイには、少しの部分さえあるかもしれません。

タイムズのページから取られた最初のシーンは、1937年の大晦日であった可能性があります。

2番目の妻バージニアとの離婚でインクがほとんど乾かず、43歳のローレルは5週間前にオーディションで会ったシュバロワと28歳のアリゾナ州ユマに駆け落ちした。バージニアは翌日到着し、彼女が本物のスタン・ローレル夫人だったので地方自治体が結婚式をやめるように主張した。

ローレルが当局に最終判決を示した後、式典は先に進み、2週間も経たないうちにバージニアをストーカー行為から守るために訴えた。結婚は解き放たれ、離婚は支持され、2月にすべてが解決されたことを確認するために、ローレルとシュバロワは2回目の結婚式のためにユマに戻った。

別のどんでん返しでは、ローレルはシュヴァロワとのハネムーンクルーズを計画し、彼の最初の元妻であるロイスを彼らに招待しました。当時、彼女は10歳の娘を支援するために、運転手、知事、料理人、美容室への旅行など、現代的な月額2万ドル近くで彼を訴えていました。

彼らがクルーズから戻った後、「妻No. 1がローレルを訪れ、彼らの古い結婚生活について彼と親密な話し合いをすることは珍しいことではありませんでした」とタイムズは言いました。

その間に、シュヴァロワは、すでに2回結婚していたにもかかわらず、伝統的なロシア正教会の儀式を望んでいたため、3回目の結婚式の計画を開始しました。

1938年4月12日、3回目の結婚式の直前に、シュヴァロワは免許なしで運転中に数台の駐車中の車に衝突したとしてビバリーヒルズの役員に逮捕されました。長い法廷闘争の後、彼女は懲役5日を宣告されました。

それから、飲酒運転の容疑でローレルが法廷に出廷しました。彼は、飲みすぎではなく、シュバロワに腹を立てたと非難しました。

「彼女はすごい気性を持っている」と彼は法廷に語った。

ローレルは、逮捕された夜、彼とシュヴァロワは喧嘩をし、電話の受話器で彼を殴ろうとし、ジャガイモでいっぱいのフライパンで彼を脅し、彼の目に砂を投げたと言った。闘争の中で、彼は腕を窓に通したとローレルは言った。

陪審員が行き詰まった後、事件は12月に取り下げられた。シュヴァロワは後に、ローレルが飲酒運転で有罪判決を受けた場合に映画の契約を失うため、戦いについての話を作ったと非難した。

国内ドラマの第2幕で、シュヴァロワは結婚1周年の数日前に離婚を訴え、ローレルは飲み過ぎたと述べました。説明なしで一度に数日」とタイムズは言った。

夫婦は新年に向けて和解し、シュヴァロワは1939年に無謀運転の罪で刑務所に入れられた日から始まりました。その後まもなく、彼女は「ロシアの状況について大声で話し合っている間」、ナイトクラブで酔っぱらって無秩序だったとして逮捕されたとタイムズ紙は語った。

彼女は離婚手続きを更新し、ローレルが彼女を生かして埋めたかったと非難した。シュヴァロワは、1938年9月28日の夜、ローレルはカノガパークのストラザーンストリートにある自宅の裏庭に墓を掘り、外に出るように誘ったと語った。彼女は「近くの牧場に彼女を向かわせた」友人や隣人によって救われた、とタイムズは言った。

最終的に取り下げられた飲酒運転の事件では、彼女はローレルが銃を手に入れ、ビクトリーブールバード近くのレセダブールバードの反対側で時速60マイルを運転したとして警察が彼を逮捕したときに彼女の後に来ていたと言いました。

ローレルは最後のシーンのために切り札を残しました。彼らの離婚協定の一部として、シュヴァロワは彼らの関係について何も公表しないことを約束し、彼に「彼らの嵐の結婚生活」を脚色する唯一の権利を与えた、とタイムズは言った。

エピローグ:1941年、ローレルは1946年1月に離婚を申請したバージニアローレルと再婚しました。1946年5月6日、ローレルはタイムズ紙で国際的に有名な協奏曲の巨匠「ラファエルラファエルラファエル」と呼ばれる男の未亡人であるアイダラファエルと結婚しました。

1942年、ニューヨークのタイムズスクエアにあるラジオセンターホテルで火災が発生した後、シュバロワは救助されました。消防士が彼女を救ったとき、彼女は屋根に逃げて、ジャンプしようとしていました、とタイムズは言いました。彼女についてのこれ以上のニュースレポートは見つかりません。


ドラマに満ちたコメディアンの結婚

フィルムコミックのスタン・ローレルとロシアの歌手ヴェラ・イワノワ・シュヴァロワとの短い結婚は、もう一つの素晴らしい混乱でした。

1年余りの間、彼らは飲んだり、戦ったり、逮捕されたり、少なくともシュヴァロワによれば、ローレルはサンフェルナンドバレーの家の裏庭に生き埋めになるように彼女を招待しました。

ローレルは「ExAppeal」というタイトルの映画を作ったことはありませんでしたが、もし彼が持っていれば、キャストには元妻のロイスN.ローレル(1926年から1933年)と元妻のバージニアルースローレルが含まれていました。 1935年の米国。

法的な和解の一環として結婚したことがないことに同意した彼の寄席のパートナーであるメイには、少しの部分さえあるかもしれません。

タイムズのページから取られた最初のシーンは、1937年の大晦日であった可能性があります。

2番目の妻バージニアとの離婚でインクがほとんど乾かず、43歳のローレルは5週間前にオーディションで会ったシュバロワと28歳のアリゾナ州ユマに駆け落ちした。バージニアは翌日到着し、彼女が本物のスタン・ローレル夫人だったので地方自治体が結婚式をやめるように主張した。

ローレルが当局に最終判決を示した後、式典は先に進み、2週間も経たないうちにバージニアをストーカー行為から守るために訴えた。結婚は解き放たれ、離婚は支持され、2月にすべてが解決されたことを確認するために、ローレルとシュバロワは2回目の結婚式のためにユマに戻った。

別のどんでん返しでは、ローレルはシュヴァロワとのハネムーンクルーズを計画し、彼の最初の元妻であるロイスを彼らに招待しました。当時、彼女は10歳の娘を支援するために、運転手、知事、料理人、美容室への旅行など、現代的な月額2万ドル近くで彼を訴えていました。

彼らがクルーズから戻った後、「妻No. 1がローレルを訪れ、彼らの古い結婚生活について彼と親密な話し合いをすることは珍しいことではありませんでした」とタイムズは言いました。

その間に、シュヴァロワは、すでに2回結婚していたにもかかわらず、伝統的なロシア正教会の儀式を望んでいたため、3回目の結婚式の計画を開始しました。

1938年4月12日、3回目の結婚式の直前に、シュヴァロワは免許なしで運転中に数台の駐車中の車に衝突したとしてビバリーヒルズの役員に逮捕されました。長い法廷闘争の後、彼女は懲役5日を宣告されました。

それから、飲酒運転の容疑でローレルが法廷に出廷しました。彼は、飲みすぎではなく、シュバロワに腹を立てたと非難しました。

「彼女はすごい気性を持っている」と彼は法廷に語った。

ローレルは、逮捕された夜、彼とシュヴァロワは喧嘩をし、電話の受話器で彼を殴ろうとし、ジャガイモでいっぱいのフライパンで彼を脅し、彼の目に砂を投げたと言った。闘争の中で、彼は腕を窓に通したとローレルは言った。

陪審員が行き詰まった後、事件は12月に取り下げられた。シュヴァロワは後に、ローレルが飲酒運転で有罪判決を受けた場合に映画の契約を失うため、戦いについての話を作ったと非難した。

国内ドラマの第2幕で、シュヴァロワは結婚1周年の数日前に離婚を訴え、ローレルは飲み過ぎたと述べました。説明なしで一度に数日」とタイムズは言った。

夫婦は新年に向けて和解し、シュヴァロワは1939年に無謀運転の罪で刑務所に入れられた日から始まりました。その後まもなく、彼女は「ロシアの状況について大声で話し合っている間」、ナイトクラブで酔っぱらって無秩序だったとして逮捕されたとタイムズ紙は語った。

彼女は離婚手続きを更新し、ローレルが彼女を生かして埋めたかったと非難した。シュヴァロワは、1938年9月28日の夜、ローレルはカノガパークのストラザーンストリートにある自宅の裏庭に墓を掘り、外に出るように誘ったと語った。彼女は「近くの牧場に彼女を向かわせた」友人や隣人によって救われた、とタイムズは言った。

最終的に取り下げられた飲酒運転の事件では、彼女はローレルが銃を手に入れ、ビクトリーブールバード近くのレセダブールバードの反対側で時速60マイルを運転したとして警察が彼を逮捕したときに彼女の後に来ていたと言いました。

ローレルは最後のシーンのために切り札を残しました。彼らの離婚協定の一部として、シュヴァロワは彼らの関係について何も公表しないことを約束し、彼に「彼らの嵐の結婚生活」を脚色する唯一の権利を与えた、とタイムズは言った。

エピローグ:1941年、ローレルは1946年1月に離婚を申請したバージニアローレルと再婚しました。1946年5月6日、ローレルはタイムズ紙で国際的に有名な協奏曲の巨匠「ラファエルラファエルラファエル」と呼ばれる男の未亡人であるアイダラファエルと結婚しました。

1942年、ニューヨークのタイムズスクエアにあるラジオセンターホテルで火災が発生した後、シュバロワは救助されました。消防士が彼女を救ったとき、彼女は屋根に逃げて、ジャンプしようとしていました、とタイムズは言いました。彼女についてのこれ以上のニュースレポートは見つかりません。


ドラマに満ちたコメディアンの結婚

フィルムコミックのスタン・ローレルとロシアの歌手ヴェラ・イワノワ・シュヴァロワとの短い結婚は、もう一つの素晴らしい混乱でした。

1年余りの間、彼らは飲んだり、戦ったり、逮捕されたり、少なくともシュヴァロワによれば、ローレルはサンフェルナンドバレーの家の裏庭に生き埋めになるように彼女を招待しました。

ローレルは「ExAppeal」というタイトルの映画を作ったことはありませんでしたが、もし彼が持っていれば、キャストには元妻のロイスN.ローレル(1926年から1933年)と元妻のバージニアルースローレルが含まれていました。 1935年の米国。

法的な和解の一環として結婚したことがないことに同意した彼の寄席のパートナーであるメイには、少しの部分さえあるかもしれません。

タイムズのページから取られた最初のシーンは、1937年の大晦日であった可能性があります。

2番目の妻バージニアとの離婚でインクがほとんど乾かず、43歳のローレルは5週間前にオーディションで会ったシュバロワと28歳のアリゾナ州ユマに駆け落ちした。バージニアは翌日到着し、彼女が本物のスタン・ローレル夫人だったので地方自治体が結婚式をやめるように主張した。

ローレルが当局に最終判決を示した後、式典は先に進み、2週間も経たないうちにバージニアをストーカー行為から守るために訴えた。結婚は解き放たれ、離婚は支持され、2月にすべてが解決されたことを確認するために、ローレルとシュバロワは2回目の結婚式のためにユマに戻った。

別のどんでん返しでは、ローレルはシュヴァロワとのハネムーンクルーズを計画し、彼の最初の元妻であるロイスを彼らに招待しました。当時、彼女は10歳の娘を支援するために、運転手、知事、料理人、美容室への旅行など、現代的な月額2万ドル近くで彼を訴えていました。

彼らがクルーズから戻った後、「妻No. 1がローレルを訪れ、彼らの古い結婚生活について彼と親密な話し合いをすることは珍しいことではありませんでした」とタイムズは言いました。

その間に、シュヴァロワは、すでに2回結婚していたにもかかわらず、伝統的なロシア正教会の儀式を望んでいたため、3回目の結婚式の計画を開始しました。

1938年4月12日、3回目の結婚式の直前に、シュヴァロワは免許なしで運転中に数台の駐車中の車に衝突したとしてビバリーヒルズの役員に逮捕されました。長い法廷闘争の後、彼女は懲役5日を宣告されました。

それから、飲酒運転の容疑でローレルが法廷に出廷しました。彼は、飲みすぎではなく、シュバロワに腹を立てたと非難しました。

「彼女はすごい気性を持っている」と彼は法廷に語った。

ローレルは、逮捕された夜、彼とシュヴァロワは喧嘩をし、電話の受話器で彼を殴ろうとし、ジャガイモでいっぱいのフライパンで彼を脅し、彼の目に砂を投げたと言った。闘争の中で、彼は腕を窓に通したとローレルは言った。

陪審員が行き詰まった後、事件は12月に取り下げられた。シュヴァロワは後に、ローレルが飲酒運転で有罪判決を受けた場合に映画の契約を失うため、戦いについての話を作ったと非難した。

国内ドラマの第2幕で、シュヴァロワは結婚1周年の数日前に離婚を訴え、ローレルは飲み過ぎたと述べました。説明なしで一度に数日」とタイムズは言った。

夫婦は新年に向けて和解し、シュヴァロワは1939年に無謀運転の罪で刑務所に入れられた日から始まりました。その後まもなく、彼女は「ロシアの状況について大声で話し合っている間」、ナイトクラブで酔っぱらって無秩序だったとして逮捕されたとタイムズ紙は語った。

彼女は離婚手続きを更新し、ローレルが彼女を生かして埋めたかったと非難した。シュヴァロワは、1938年9月28日の夜、ローレルはカノガパークのストラザーンストリートにある自宅の裏庭に墓を掘り、外に出るように誘ったと語った。彼女は「近くの牧場に彼女を向かわせた」友人や隣人によって救われた、とタイムズは言った。

最終的に取り下げられた飲酒運転の事件では、彼女はローレルが銃を手に入れ、ビクトリーブールバード近くのレセダブールバードの反対側で時速60マイルを運転したとして警察が彼を逮捕したときに彼女の後に来ていたと言いました。

ローレルは最後のシーンのために切り札を残しました。彼らの離婚協定の一部として、シュヴァロワは彼らの関係について何も公表しないことを約束し、彼に「彼らの嵐の結婚生活」を脚色する唯一の権利を与えた、とタイムズは言った。

エピローグ:1941年、ローレルは1946年1月に離婚を申請したバージニアローレルと再婚しました。1946年5月6日、ローレルはタイムズ紙で国際的に有名な協奏曲の巨匠「ラファエルラファエルラファエル」と呼ばれる男の未亡人であるアイダラファエルと結婚しました。

1942年、ニューヨークのタイムズスクエアにあるラジオセンターホテルで火災が発生した後、シュバロワは救助されました。消防士が彼女を救ったとき、彼女は屋根に逃げて、ジャンプしようとしていました、とタイムズは言いました。彼女についてのこれ以上のニュースレポートは見つかりません。


ドラマに満ちたコメディアンの結婚

フィルムコミックのスタン・ローレルとロシアの歌手ヴェラ・イワノワ・シュヴァロワとの短い結婚は、もう一つの素晴らしい混乱でした。

1年余りの間、彼らは飲んだり、戦ったり、逮捕されたり、少なくともシュヴァロワによれば、ローレルはサンフェルナンドバレーの家の裏庭に生き埋めになるように彼女を招待しました。

ローレルは「ExAppeal」というタイトルの映画を作ったことはありませんでしたが、もし彼が持っていれば、キャストには元妻のロイスN.ローレル(1926年から1933年)と元妻のバージニアルースローレルが含まれていました。 1935年の米国。

法的な和解の一環として結婚したことがないことに同意した彼の寄席のパートナーであるメイには、少しの部分さえあるかもしれません。

タイムズのページから取られた最初のシーンは、1937年の大晦日であった可能性があります。

2番目の妻バージニアとの離婚でインクがほとんど乾かず、43歳のローレルは5週間前にオーディションで会ったシュバロワと28歳のアリゾナ州ユマに駆け落ちした。バージニアは翌日到着し、彼女が本物のスタン・ローレル夫人だったので地方自治体が結婚式をやめるように主張した。

ローレルが当局に最終判決を示した後、式典は先に進み、2週間も経たないうちにバージニアをストーカー行為から守るために訴えた。結婚は解き放たれ、離婚は支持され、2月にすべてが解決されたことを確認するために、ローレルとシュバロワは2回目の結婚式のためにユマに戻った。

別のどんでん返しでは、ローレルはシュヴァロワとのハネムーンクルーズを計画し、彼の最初の元妻であるロイスを彼らに招待しました。当時、彼女は10歳の娘を支援するために、運転手、知事、料理人、美容室への旅行など、現代的な月額2万ドル近くで彼を訴えていました。

彼らがクルーズから戻った後、「妻No. 1がローレルを訪れ、彼らの古い結婚生活について彼と親密な話し合いをすることは珍しいことではありませんでした」とタイムズは言いました。

その間に、シュヴァロワは、すでに2回結婚していたにもかかわらず、伝統的なロシア正教会の儀式を望んでいたため、3回目の結婚式の計画を開始しました。

1938年4月12日、3回目の結婚式の直前に、シュヴァロワは免許なしで運転中に数台の駐車中の車に衝突したとしてビバリーヒルズの役員に逮捕されました。長い法廷闘争の後、彼女は懲役5日を宣告されました。

それから、飲酒運転の容疑でローレルが法廷に出廷しました。彼は、飲みすぎではなく、シュバロワに腹を立てたと非難しました。

「彼女はすごい気性を持っている」と彼は法廷に語った。

ローレルは、逮捕された夜、彼とシュヴァロワは喧嘩をし、電話の受話器で彼を殴ろうとし、ジャガイモでいっぱいのフライパンで彼を脅し、彼の目に砂を投げたと言った。闘争の中で、彼は腕を窓に通したとローレルは言った。

陪審員が行き詰まった後、事件は12月に取り下げられた。シュヴァロワは後に、ローレルが飲酒運転で有罪判決を受けた場合に映画の契約を失うため、戦いについての話を作ったと非難した。

国内ドラマの第2幕で、シュヴァロワは結婚1周年の数日前に離婚を訴え、ローレルは飲み過ぎたと述べました。 days at a time without explanation,” The Times said.

The couple reconciled for the new year and Shuvalova began 1939 with a day in jail for the reckless driving charge. Soon after, she was arrested for being drunk and disorderly in a nightclub “while loudly discussing the Russian situation with herself,” The Times said.

She renewed divorce proceedings, charging that Laurel wanted to bury her alive. Shuvalova said that on the night of Sept. 28, 1938, Laurel dug a grave in the backyard of their home on Strathern Street in Canoga Park and invited her to step outside. She was saved by friends and neighbors who “spirited her away to a nearby ranch,” The Times said.

In the DUI case that was eventually dropped, she said Laurel got a gun and was coming after her when police arrested him for driving about 60 mph on the wrong side of Reseda Boulevard near Victory Boulevard.

Laurel kept his trump card for the final scene. As part of their divorce agreement, Shuvalova promised to never publish anything about their relationship and gave him the sole rights to dramatize “their stormy married life,” The Times said.

Epilogue: In 1941, Laurel remarried Virginia Laurel, who filed for divorce in January 1946. On May 6, 1946, Laurel married Ida Raphael, the widow of a man described in The Times as internationally known concertina virtuoso “Raphael Raphael Raphael.”

In 1942, Shuvalova was rescued after a fire broke out at the Radio Center Hotel on New York’s Times Square. She fled to the roof and was about to jump when firefighters saved her, The Times said. No further news reports about her can be found.


Comic actor’s marriage full of drama

Film comic Stan Laurel’s brief marriage to Russian singer Vera Ivanova Shuvalova was another fine mess.

For a little more than a year, they drank, they fought, they got arrested and -- at least according to Shuvalova -- Laurel invited her to be buried alive in the backyard of their San Fernando Valley home.

Laurel never made a movie titled “Ex Appeal,” but if he had, the cast would have included former wife Lois N. Laurel (1926 to 1933) and former wife Virginia Ruth Laurel, whom he married in Mexico in 1934 and again in the U.S. in 1935.

Maybe there would even be a bit part for his vaudeville partner, Mae, who agreed as part of a legal settlement that they had never been married.

The first scene, as taken from the pages of The Times, could have been on New Year’s Eve 1937.

With the ink barely dry on his divorce from second wife Virginia, Laurel, 43, eloped to Yuma, Ariz., with Shuvalova, 28, whom he had met five weeks earlier during an audition. Virginia arrived the next day and insisted that local authorities stop the wedding because she was the real Mrs. Stan Laurel.

The ceremony went ahead after Laurel showed officials the final decree, and less than two weeks later he sued Virginia to keep her from stalking him. The marriages were untangled, the divorce was upheld and in February, just to make sure everything was resolved, Laurel and Shuvalova returned to Yuma for a second wedding.

In another plot twist, Laurel planned a honeymoon cruise with Shuvalova and invited his first ex-wife, Lois, to join them. At the time she was suing him for the modern equivalent of nearly $20,000 a month in support for their 10-year-old daughter, including money for a chauffeur, governess and cook, and trips to the beauty shop.

After they returned from the cruise, “it was nothing unusual for Wife No. 1 to visit Laurel and engage in intimate discussions with him about their old married life,” The Times said.

In the meantime, Shuvalova began planning their third wedding because even though they had already been married twice, she wanted a traditional Russian Orthodox ceremony.

On April 12, 1938, shortly before the third wedding, Shuvalova was arrested by Beverly Hills officers for crashing into several parked cars while driving without a license. After a long court fight, she was sentenced to five days in jail.

Then it was Laurel’s turn in court on charges of drunk driving, which he blamed on being upset over Shuvalova, rather than drinking too much.

“She has a terrific temper,” he told the court.

Laurel said that on the night he was arrested, he and Shuvalova had a fight and she tried to hit him with a telephone handset, threatened him with a skillet full of potatoes and threw sand in his eyes. In the struggle, he put his arm through a window, Laurel said.

The case was dropped in December after the jury deadlocked. Shuvalova later charged that Laurel made up the story about the fight because he would lose his movie contract if he were convicted of drunk driving.

In Act II of their domestic drama, Shuvalova sued for divorce a few days before their first anniversary, saying Laurel drank too much, “repulsed her efforts to show him affection, behaved rudely toward their friends and on several occasions remained away from home for several days at a time without explanation,” The Times said.

The couple reconciled for the new year and Shuvalova began 1939 with a day in jail for the reckless driving charge. Soon after, she was arrested for being drunk and disorderly in a nightclub “while loudly discussing the Russian situation with herself,” The Times said.

She renewed divorce proceedings, charging that Laurel wanted to bury her alive. Shuvalova said that on the night of Sept. 28, 1938, Laurel dug a grave in the backyard of their home on Strathern Street in Canoga Park and invited her to step outside. She was saved by friends and neighbors who “spirited her away to a nearby ranch,” The Times said.

In the DUI case that was eventually dropped, she said Laurel got a gun and was coming after her when police arrested him for driving about 60 mph on the wrong side of Reseda Boulevard near Victory Boulevard.

Laurel kept his trump card for the final scene. As part of their divorce agreement, Shuvalova promised to never publish anything about their relationship and gave him the sole rights to dramatize “their stormy married life,” The Times said.

Epilogue: In 1941, Laurel remarried Virginia Laurel, who filed for divorce in January 1946. On May 6, 1946, Laurel married Ida Raphael, the widow of a man described in The Times as internationally known concertina virtuoso “Raphael Raphael Raphael.”

In 1942, Shuvalova was rescued after a fire broke out at the Radio Center Hotel on New York’s Times Square. She fled to the roof and was about to jump when firefighters saved her, The Times said. No further news reports about her can be found.


Comic actor’s marriage full of drama

Film comic Stan Laurel’s brief marriage to Russian singer Vera Ivanova Shuvalova was another fine mess.

For a little more than a year, they drank, they fought, they got arrested and -- at least according to Shuvalova -- Laurel invited her to be buried alive in the backyard of their San Fernando Valley home.

Laurel never made a movie titled “Ex Appeal,” but if he had, the cast would have included former wife Lois N. Laurel (1926 to 1933) and former wife Virginia Ruth Laurel, whom he married in Mexico in 1934 and again in the U.S. in 1935.

Maybe there would even be a bit part for his vaudeville partner, Mae, who agreed as part of a legal settlement that they had never been married.

The first scene, as taken from the pages of The Times, could have been on New Year’s Eve 1937.

With the ink barely dry on his divorce from second wife Virginia, Laurel, 43, eloped to Yuma, Ariz., with Shuvalova, 28, whom he had met five weeks earlier during an audition. Virginia arrived the next day and insisted that local authorities stop the wedding because she was the real Mrs. Stan Laurel.

The ceremony went ahead after Laurel showed officials the final decree, and less than two weeks later he sued Virginia to keep her from stalking him. The marriages were untangled, the divorce was upheld and in February, just to make sure everything was resolved, Laurel and Shuvalova returned to Yuma for a second wedding.

In another plot twist, Laurel planned a honeymoon cruise with Shuvalova and invited his first ex-wife, Lois, to join them. At the time she was suing him for the modern equivalent of nearly $20,000 a month in support for their 10-year-old daughter, including money for a chauffeur, governess and cook, and trips to the beauty shop.

After they returned from the cruise, “it was nothing unusual for Wife No. 1 to visit Laurel and engage in intimate discussions with him about their old married life,” The Times said.

In the meantime, Shuvalova began planning their third wedding because even though they had already been married twice, she wanted a traditional Russian Orthodox ceremony.

On April 12, 1938, shortly before the third wedding, Shuvalova was arrested by Beverly Hills officers for crashing into several parked cars while driving without a license. After a long court fight, she was sentenced to five days in jail.

Then it was Laurel’s turn in court on charges of drunk driving, which he blamed on being upset over Shuvalova, rather than drinking too much.

“She has a terrific temper,” he told the court.

Laurel said that on the night he was arrested, he and Shuvalova had a fight and she tried to hit him with a telephone handset, threatened him with a skillet full of potatoes and threw sand in his eyes. In the struggle, he put his arm through a window, Laurel said.

The case was dropped in December after the jury deadlocked. Shuvalova later charged that Laurel made up the story about the fight because he would lose his movie contract if he were convicted of drunk driving.

In Act II of their domestic drama, Shuvalova sued for divorce a few days before their first anniversary, saying Laurel drank too much, “repulsed her efforts to show him affection, behaved rudely toward their friends and on several occasions remained away from home for several days at a time without explanation,” The Times said.

The couple reconciled for the new year and Shuvalova began 1939 with a day in jail for the reckless driving charge. Soon after, she was arrested for being drunk and disorderly in a nightclub “while loudly discussing the Russian situation with herself,” The Times said.

She renewed divorce proceedings, charging that Laurel wanted to bury her alive. Shuvalova said that on the night of Sept. 28, 1938, Laurel dug a grave in the backyard of their home on Strathern Street in Canoga Park and invited her to step outside. She was saved by friends and neighbors who “spirited her away to a nearby ranch,” The Times said.

In the DUI case that was eventually dropped, she said Laurel got a gun and was coming after her when police arrested him for driving about 60 mph on the wrong side of Reseda Boulevard near Victory Boulevard.

Laurel kept his trump card for the final scene. As part of their divorce agreement, Shuvalova promised to never publish anything about their relationship and gave him the sole rights to dramatize “their stormy married life,” The Times said.

Epilogue: In 1941, Laurel remarried Virginia Laurel, who filed for divorce in January 1946. On May 6, 1946, Laurel married Ida Raphael, the widow of a man described in The Times as internationally known concertina virtuoso “Raphael Raphael Raphael.”

In 1942, Shuvalova was rescued after a fire broke out at the Radio Center Hotel on New York’s Times Square. She fled to the roof and was about to jump when firefighters saved her, The Times said. No further news reports about her can be found.


Comic actor’s marriage full of drama

Film comic Stan Laurel’s brief marriage to Russian singer Vera Ivanova Shuvalova was another fine mess.

For a little more than a year, they drank, they fought, they got arrested and -- at least according to Shuvalova -- Laurel invited her to be buried alive in the backyard of their San Fernando Valley home.

Laurel never made a movie titled “Ex Appeal,” but if he had, the cast would have included former wife Lois N. Laurel (1926 to 1933) and former wife Virginia Ruth Laurel, whom he married in Mexico in 1934 and again in the U.S. in 1935.

Maybe there would even be a bit part for his vaudeville partner, Mae, who agreed as part of a legal settlement that they had never been married.

The first scene, as taken from the pages of The Times, could have been on New Year’s Eve 1937.

With the ink barely dry on his divorce from second wife Virginia, Laurel, 43, eloped to Yuma, Ariz., with Shuvalova, 28, whom he had met five weeks earlier during an audition. Virginia arrived the next day and insisted that local authorities stop the wedding because she was the real Mrs. Stan Laurel.

The ceremony went ahead after Laurel showed officials the final decree, and less than two weeks later he sued Virginia to keep her from stalking him. The marriages were untangled, the divorce was upheld and in February, just to make sure everything was resolved, Laurel and Shuvalova returned to Yuma for a second wedding.

In another plot twist, Laurel planned a honeymoon cruise with Shuvalova and invited his first ex-wife, Lois, to join them. At the time she was suing him for the modern equivalent of nearly $20,000 a month in support for their 10-year-old daughter, including money for a chauffeur, governess and cook, and trips to the beauty shop.

After they returned from the cruise, “it was nothing unusual for Wife No. 1 to visit Laurel and engage in intimate discussions with him about their old married life,” The Times said.

In the meantime, Shuvalova began planning their third wedding because even though they had already been married twice, she wanted a traditional Russian Orthodox ceremony.

On April 12, 1938, shortly before the third wedding, Shuvalova was arrested by Beverly Hills officers for crashing into several parked cars while driving without a license. After a long court fight, she was sentenced to five days in jail.

Then it was Laurel’s turn in court on charges of drunk driving, which he blamed on being upset over Shuvalova, rather than drinking too much.

“She has a terrific temper,” he told the court.

Laurel said that on the night he was arrested, he and Shuvalova had a fight and she tried to hit him with a telephone handset, threatened him with a skillet full of potatoes and threw sand in his eyes. In the struggle, he put his arm through a window, Laurel said.

The case was dropped in December after the jury deadlocked. Shuvalova later charged that Laurel made up the story about the fight because he would lose his movie contract if he were convicted of drunk driving.

In Act II of their domestic drama, Shuvalova sued for divorce a few days before their first anniversary, saying Laurel drank too much, “repulsed her efforts to show him affection, behaved rudely toward their friends and on several occasions remained away from home for several days at a time without explanation,” The Times said.

The couple reconciled for the new year and Shuvalova began 1939 with a day in jail for the reckless driving charge. Soon after, she was arrested for being drunk and disorderly in a nightclub “while loudly discussing the Russian situation with herself,” The Times said.

She renewed divorce proceedings, charging that Laurel wanted to bury her alive. Shuvalova said that on the night of Sept. 28, 1938, Laurel dug a grave in the backyard of their home on Strathern Street in Canoga Park and invited her to step outside. She was saved by friends and neighbors who “spirited her away to a nearby ranch,” The Times said.

In the DUI case that was eventually dropped, she said Laurel got a gun and was coming after her when police arrested him for driving about 60 mph on the wrong side of Reseda Boulevard near Victory Boulevard.

Laurel kept his trump card for the final scene. As part of their divorce agreement, Shuvalova promised to never publish anything about their relationship and gave him the sole rights to dramatize “their stormy married life,” The Times said.

Epilogue: In 1941, Laurel remarried Virginia Laurel, who filed for divorce in January 1946. On May 6, 1946, Laurel married Ida Raphael, the widow of a man described in The Times as internationally known concertina virtuoso “Raphael Raphael Raphael.”

In 1942, Shuvalova was rescued after a fire broke out at the Radio Center Hotel on New York’s Times Square. She fled to the roof and was about to jump when firefighters saved her, The Times said. No further news reports about her can be found.


Comic actor’s marriage full of drama

Film comic Stan Laurel’s brief marriage to Russian singer Vera Ivanova Shuvalova was another fine mess.

For a little more than a year, they drank, they fought, they got arrested and -- at least according to Shuvalova -- Laurel invited her to be buried alive in the backyard of their San Fernando Valley home.

Laurel never made a movie titled “Ex Appeal,” but if he had, the cast would have included former wife Lois N. Laurel (1926 to 1933) and former wife Virginia Ruth Laurel, whom he married in Mexico in 1934 and again in the U.S. in 1935.

Maybe there would even be a bit part for his vaudeville partner, Mae, who agreed as part of a legal settlement that they had never been married.

The first scene, as taken from the pages of The Times, could have been on New Year’s Eve 1937.

With the ink barely dry on his divorce from second wife Virginia, Laurel, 43, eloped to Yuma, Ariz., with Shuvalova, 28, whom he had met five weeks earlier during an audition. Virginia arrived the next day and insisted that local authorities stop the wedding because she was the real Mrs. Stan Laurel.

The ceremony went ahead after Laurel showed officials the final decree, and less than two weeks later he sued Virginia to keep her from stalking him. The marriages were untangled, the divorce was upheld and in February, just to make sure everything was resolved, Laurel and Shuvalova returned to Yuma for a second wedding.

In another plot twist, Laurel planned a honeymoon cruise with Shuvalova and invited his first ex-wife, Lois, to join them. At the time she was suing him for the modern equivalent of nearly $20,000 a month in support for their 10-year-old daughter, including money for a chauffeur, governess and cook, and trips to the beauty shop.

After they returned from the cruise, “it was nothing unusual for Wife No. 1 to visit Laurel and engage in intimate discussions with him about their old married life,” The Times said.

In the meantime, Shuvalova began planning their third wedding because even though they had already been married twice, she wanted a traditional Russian Orthodox ceremony.

On April 12, 1938, shortly before the third wedding, Shuvalova was arrested by Beverly Hills officers for crashing into several parked cars while driving without a license. After a long court fight, she was sentenced to five days in jail.

Then it was Laurel’s turn in court on charges of drunk driving, which he blamed on being upset over Shuvalova, rather than drinking too much.

“She has a terrific temper,” he told the court.

Laurel said that on the night he was arrested, he and Shuvalova had a fight and she tried to hit him with a telephone handset, threatened him with a skillet full of potatoes and threw sand in his eyes. In the struggle, he put his arm through a window, Laurel said.

The case was dropped in December after the jury deadlocked. Shuvalova later charged that Laurel made up the story about the fight because he would lose his movie contract if he were convicted of drunk driving.

In Act II of their domestic drama, Shuvalova sued for divorce a few days before their first anniversary, saying Laurel drank too much, “repulsed her efforts to show him affection, behaved rudely toward their friends and on several occasions remained away from home for several days at a time without explanation,” The Times said.

The couple reconciled for the new year and Shuvalova began 1939 with a day in jail for the reckless driving charge. Soon after, she was arrested for being drunk and disorderly in a nightclub “while loudly discussing the Russian situation with herself,” The Times said.

She renewed divorce proceedings, charging that Laurel wanted to bury her alive. Shuvalova said that on the night of Sept. 28, 1938, Laurel dug a grave in the backyard of their home on Strathern Street in Canoga Park and invited her to step outside. She was saved by friends and neighbors who “spirited her away to a nearby ranch,” The Times said.

In the DUI case that was eventually dropped, she said Laurel got a gun and was coming after her when police arrested him for driving about 60 mph on the wrong side of Reseda Boulevard near Victory Boulevard.

Laurel kept his trump card for the final scene. As part of their divorce agreement, Shuvalova promised to never publish anything about their relationship and gave him the sole rights to dramatize “their stormy married life,” The Times said.

Epilogue: In 1941, Laurel remarried Virginia Laurel, who filed for divorce in January 1946. On May 6, 1946, Laurel married Ida Raphael, the widow of a man described in The Times as internationally known concertina virtuoso “Raphael Raphael Raphael.”

In 1942, Shuvalova was rescued after a fire broke out at the Radio Center Hotel on New York’s Times Square. She fled to the roof and was about to jump when firefighters saved her, The Times said. No further news reports about her can be found.


Comic actor’s marriage full of drama

Film comic Stan Laurel’s brief marriage to Russian singer Vera Ivanova Shuvalova was another fine mess.

For a little more than a year, they drank, they fought, they got arrested and -- at least according to Shuvalova -- Laurel invited her to be buried alive in the backyard of their San Fernando Valley home.

Laurel never made a movie titled “Ex Appeal,” but if he had, the cast would have included former wife Lois N. Laurel (1926 to 1933) and former wife Virginia Ruth Laurel, whom he married in Mexico in 1934 and again in the U.S. in 1935.

Maybe there would even be a bit part for his vaudeville partner, Mae, who agreed as part of a legal settlement that they had never been married.

The first scene, as taken from the pages of The Times, could have been on New Year’s Eve 1937.

With the ink barely dry on his divorce from second wife Virginia, Laurel, 43, eloped to Yuma, Ariz., with Shuvalova, 28, whom he had met five weeks earlier during an audition. Virginia arrived the next day and insisted that local authorities stop the wedding because she was the real Mrs. Stan Laurel.

The ceremony went ahead after Laurel showed officials the final decree, and less than two weeks later he sued Virginia to keep her from stalking him. The marriages were untangled, the divorce was upheld and in February, just to make sure everything was resolved, Laurel and Shuvalova returned to Yuma for a second wedding.

In another plot twist, Laurel planned a honeymoon cruise with Shuvalova and invited his first ex-wife, Lois, to join them. At the time she was suing him for the modern equivalent of nearly $20,000 a month in support for their 10-year-old daughter, including money for a chauffeur, governess and cook, and trips to the beauty shop.

After they returned from the cruise, “it was nothing unusual for Wife No. 1 to visit Laurel and engage in intimate discussions with him about their old married life,” The Times said.

In the meantime, Shuvalova began planning their third wedding because even though they had already been married twice, she wanted a traditional Russian Orthodox ceremony.

On April 12, 1938, shortly before the third wedding, Shuvalova was arrested by Beverly Hills officers for crashing into several parked cars while driving without a license. After a long court fight, she was sentenced to five days in jail.

Then it was Laurel’s turn in court on charges of drunk driving, which he blamed on being upset over Shuvalova, rather than drinking too much.

“She has a terrific temper,” he told the court.

Laurel said that on the night he was arrested, he and Shuvalova had a fight and she tried to hit him with a telephone handset, threatened him with a skillet full of potatoes and threw sand in his eyes. In the struggle, he put his arm through a window, Laurel said.

The case was dropped in December after the jury deadlocked. Shuvalova later charged that Laurel made up the story about the fight because he would lose his movie contract if he were convicted of drunk driving.

In Act II of their domestic drama, Shuvalova sued for divorce a few days before their first anniversary, saying Laurel drank too much, “repulsed her efforts to show him affection, behaved rudely toward their friends and on several occasions remained away from home for several days at a time without explanation,” The Times said.

The couple reconciled for the new year and Shuvalova began 1939 with a day in jail for the reckless driving charge. Soon after, she was arrested for being drunk and disorderly in a nightclub “while loudly discussing the Russian situation with herself,” The Times said.

She renewed divorce proceedings, charging that Laurel wanted to bury her alive. Shuvalova said that on the night of Sept. 28, 1938, Laurel dug a grave in the backyard of their home on Strathern Street in Canoga Park and invited her to step outside. She was saved by friends and neighbors who “spirited her away to a nearby ranch,” The Times said.

In the DUI case that was eventually dropped, she said Laurel got a gun and was coming after her when police arrested him for driving about 60 mph on the wrong side of Reseda Boulevard near Victory Boulevard.

Laurel kept his trump card for the final scene. As part of their divorce agreement, Shuvalova promised to never publish anything about their relationship and gave him the sole rights to dramatize “their stormy married life,” The Times said.

Epilogue: In 1941, Laurel remarried Virginia Laurel, who filed for divorce in January 1946. On May 6, 1946, Laurel married Ida Raphael, the widow of a man described in The Times as internationally known concertina virtuoso “Raphael Raphael Raphael.”

In 1942, Shuvalova was rescued after a fire broke out at the Radio Center Hotel on New York’s Times Square. She fled to the roof and was about to jump when firefighters saved her, The Times said. No further news reports about her can be found.


ビデオを見る: מתיחה של המאפיה-מתיחות מצחיקות-סרטונים מצחיקים (1月 2022).